FEATURE

特集

【Emerging Companies:行政テクノロジー業界】資金調達額から見る世界の注目スタートアップ10社

【Emerging Companies:行政テクノロジー業界】資金調達額から見る世界の注目スタートアップ10社

2021.07.05

Emerging Companiesでは、各業界のキープレイヤーになっている、10年以内に誕生したスタートアップに焦点を当て、資金調達額の大きい順に紹介していきます。 今回の記事では「行政テクノロジー」業界のスタートアップ10社を取り上げていきます。

出所:PitchBook ”GovTech”業界に分類される設立2012年以降の企業を対象にデータを一部抽出 (2021年7月2日時点)


1. Anduril


米国の国防強化を目的とした越境者探知システムや軍用AIドローンの開発会社


累計資金調達額:$835M



国:アメリカ


設立年:2017年


事業概要:

Andurilは、米国の国防強化を目的とした越境者探知システムや軍用AIドローンなどの軍事技術の開発を行う会社です。同社のテクノロジーは、AR/VR、コンピュータービジョン、センサーフュージョンなどを活用して国外からの脅威を監視することで、政府が防衛能力を根本的に変革し、複雑な国家安全保障上の課題を解決することを可能にしています。


主要投資家:Andreessen Horowitz, Founders Fund


ウェブサイト:http://www.anduril.com/




2. FiscalNote


国家の法律や政策のデータをリアルタイムで追跡/分析/予測するアナリティクスプラットフォームの運営会社


累計資金調達額:$427M



国:アメリカ


設立年:2013年


事業概要:

FiscalNoteは、国家の法律や政策のデータをリアルタイムで追跡/分析/予測するアナリティクスプラットフォームの運営を行う会社です。同社は、AIテクノロジー/専門家による分析/地政学的データを組み合わせた提供することで、あらゆる組織が国に関連するリスクとチャンスを正確に評価して活動することをサポートしています。


主要投資家:Plug and Play Tech Center (アクセラレーター), Government of Singapore Investment Corporation (GIC)


ウェブサイト:http://www.fiscalnote.com/




3. Nxtra Data


インドを拠点とするネットワークセキュリティやクラウドサービスなどのデータセンターの提供会社


累計資金調達額:$235M


国:インド


設立年:2013年


事業概要:

Nxtra Dataは、インドのニューデリーを拠点とするデータセンターサービスの提供を行う会社です。同社は、マネージドサービス/ネットワークセキュリティ/クラウドサービスなどの様々なデータサービスをインドのグローバル企業/スタートアップ/中小企業/政府に提供することで、安全で安心なデータへのアクセス機会を保証しています。


主要投資家:The Carlyle Group


ウェブサイト:http://www.nxtradata.com/




4. Mark43


レガシーな警察情報システムをアップデートする分析/管理ソフトウェアの開発会社


累計資金調達額:$229M



国:アメリカ


設立年:2012年


事業概要:

Mark43は、警察情報システムをアップデートするために構築された公安CAD/RMS/分析プラットフォームの開発を行う会社です。同社のプラットフォームでは、調査結果/犯罪プロファイル/最新の活動状況などの情報を管理/分析/共有機能を提供することで、警察などの政府機関が危険な犯罪ホットスポットと安全なエリアを特定して、リソース最適化することを可能にしています。


主要投資家:Harvard University Endowment, Govtech Fund, The Goldman Sachs Group


ウェブサイト:http://www.mark43.com/




5. OpenGov


政府の財務状況の透明化を目指す金融データプラットフォームの運営会社


累計資金調達額:$144M



国:アメリカ


設立年:2012年


事業概要:

OpenGovは、政府の予算編成/財務管理/データ透明化を行うことを目的に構築されたクラウドベースのデータ管理ソフトウェアの開発/運営を行う会社です。同社のソフトウェアは、政府や地方自治体が金融データをクラウド上で管理し、情報のグラフ化や透明化をする機会を提供することで、市民の誰もが政府や地方自治体の現状を知ることを可能にしています。


主要投資家:Andreessen Horowitz, Founders Fund


ウェブサイト:http://www.opengov.com/




6. Finch Investment Group


地方自治体の財政安定化を目的に不動産/抵当権への投資を行う投資会社


累計資金調達額:$90M

国:アメリカ


設立年:2013年


事業概要:

Finch Investment Groupは、地方自治体の財政安定化を目的に不動産/抵当権への投資を行う投資会社です。同社は、投資家に対して安定した長期的利益をもたらしながら、学校/図書館/道路/緊急対応サービスなどの地方自治体サービスへの資金提供することで、財政的支援を行っています。


主要投資家:無し(デットファイナンスによる調達のため)


ウェブサイト:http://www.figadvisors.com/




7. Replica


新しい交通計画と都市デザインを構築する交通データ管理プラットフォームの運営会社


累計資金調達額:$56M



国:アメリカ


設立年:2017年


事業概要:

Replicaは、新しい交通計画と都市デザインを構築する交通データ管理プラットフォームの運営を行う会社です。同社は、人々の携帯電話などのサードパーティのソースからの都市移動データを把握し、国勢調査な​​どの公共ソースからの人口統計データや公共交通機関のデータと組み合わせることで、交通機関/学校/公園/病院などに関する新たなシステムやデザインの構築を目指しています。


主要投資家:Founders Fund, Innovation Endeavors


ウェブサイト:http://www.replicahq.com/




8. ZenCity


市民の声や世論を基に行政の計画立案や公共サービス改善へと導くデータ管理プラットフォームの運営会社


累計資金調達額:$51M



国:イスラエル


設立年:2014年


事業概要:

ZenCityは、市民の声や世論を基に行政の計画立案や公共サービス改善へと導くAIデータ管理プラットフォームの開発/運営を行う会社です。同社のプラットフォームでは、ソーシャルメディア/地方局/政府のカスタマーサービスチャネルなどの様々なソースからの何百万もの匿名化されたデータを分析し、トレンドトピックに基づいた実用的なインサイトを提供することで、政府機関がデータドリブンで政策立案を行うことを可能にしています。


主要投資家:Microsoft for Startups (アクセラレーター), Salesforce Ventures


ウェブサイト:http://www.zencity.io/




9. Metrc


米州の大麻規制当局と連携する大麻の流通管理/追跡/規制システムの運営会社


累計資金調達額:$50M



国:アメリカ


設立年:2013年


事業概要:

Metrcは、政府の大麻産業への規制を支援することを目的とした大麻の流通管理/追跡/規制システムの運営を行う会社です。同社のシステムでは、無線周波数識別技術を活用して、大麻の流用と違法な使用/購入を防ぐためのエンドツーエンドの追跡サービスを提供することで、政府が大麻の安全利用を前提とした規制を行うサポートをしています。


主要投資家:Casa Verde Capital, Tiger Global Management


ウェブサイト:http://www.metrc.com/




10. Shield AI


人命を守ることを目的とした最先端のAIソフトウェア/無人ロボットの開発会社


累計資金調達額:$50M



国:アメリカ


設立年:2015年


事業概要:

LocusViewは、人工知能システムで人々の命を守るために設計されたAIソフトウェア/無人ロボットの開発を行う会社です。同社は、戦闘テスト済みのAIロボット「Hivemind Edge」やAIソリューションの分析フレームワークツール「Hivemind Core」やH無人ロボットシステム「Nova Class AI-UAS」を提供しています。


主要投資家:Andreessen Horowitz, Bloomberg Beta


ウェブサイト:http://www.shield.ai/

Share

TwitterFacebookLINE
こちらの記事もオススメです