OutSideOverlay

特集

テーマパークベンチャー「ORIGRESS PARKS」が、1.5億円の資金調達を実施

テーマパークベンチャー「ORIGRESS PARKS」が、1.5億円の資金調達を実施

2022.10.05

2022年10月5日(水)、全国のレジャー施設で遊び放題の定額制サービス「レジャパス」を提供する株式会社ORIGRESS PARKS(以下、ORIGRESS PARKS)は、 総額1.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

ORIGRESS PARKSは、「レジャパス」を提供するテーマパークベンチャーだ。吉武優氏が、上智大学卒業後、新卒で電通に入社し、入社4年目で営業大賞グランプリを史上最年少かつ初の個人受賞した後、全ての有給を利用して世界一周(18ヵ国25都市)して世界中のエンタメを視察。その後、都内レジャー施設の開業プロジェクトにおいて、代表取締役として経営を担った後、ORIGRESS PARKSを創業し、代表取締役社長に就任した。

「レジャパス」は、遊園地・テーマパーク・水族館・動物園・美術館・温泉・サウナ・キャンプ場など、全国110以上のさまざまなジャンルの有料施設及びイベントを月額1,980円(税別)〜の会費のみで無制限に利用できる今までにない新しい定額制サービスだ。コロナを機に、競争ではなく共闘してレジャー・エンタメ産業を盛り上げるべくスタートし、1人でも多くの方に生のエンターテイメントを体験する楽しみや喜びを提供し、素敵な想い出作りを沢山して欲しいという想いを抱いている。 「エンタメ革命」のスローガンの元、レジャー・温泉に加えてイベント系ラインナップも充実させて、アフターコロナにおいて、生活者の中心がエンタメになる未来を創り上げていくという。

ORIGRESS PARKSは、2022年10月5日(水)、三菱UFJキャピタル株式会社、i-nest capital株式会社、株式会社コロプラネクスト、個人投資家を引受先とする総額1.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。増資による累計資金調達額は、2億700万円となる。この度の資金調達にあたり、代表取締役社長の吉武優は以下のように語る。

「2021年4月に創業し、早くも2回目の資金調達を実施できること、誠に喜ばしく、同時により気が引き締まる思いです。ビフォーコロナからアフターコロナへの変遷の中で、私たちはあらゆるレジャー/エンタメ事業者と痛みを共有し、その上でコロナ前では発想し得なかった思いきったチャレンジを、各社と共に実行することで発展を遂げていきます。様々なジャンルのラインナップを一定額で遊び放題化することで、生活者の生のエンタメへの向き合い方とライフスタイルの変容に影響を与え、出会いと想い出で心が満たされる社会創りに貢献していきます」


ORIGRESS PARKSの会社概要はこちら
https://protocol.ooo/companies/origressparks

Share

TwitterFacebookLINE
こちらの記事もオススメです