OutSideOverlay
株式会社アイディオット
株式会社アイディオット
0 Followers
TwitterFacebook

Profile

データで社会課題を解決する

アイディオットは、2014年に設立して以降、データを軸としてアルゴリズム(人工知能)やソフトウェアを駆使してDXを推進していくINNOVATION COMPANYです。サプライチェーンの最適化を得意とし物流など課題が山積みの業界のDXを手掛けています。

Overview

Stage

Unknown

Total funding

$0

従業員数

From 11 to 50

Locations

Services

Service is not registered yet.

Story is not registered yet.

Investors

Investor is not registered yet.

Member

井上 智喜
井上 智喜

現在、私たちを取り巻く社会環境は変化が非常に激しく、情報爆発・多様化するニーズなどに迅速な対応が求められる新たな時代を迎えていると感じます。 当社は代表の私が大学生であった2014年に設立しました。『Ai(人工知能)』と『Idiot(バカ・愚直)』という正反対の単語をくっつけ、 AIという未来のテクノロジーに愚直に向き合っていこう、という思いで造語を作り、会社名「Aidiot(アイディオット)」としました。 お客様とチ-ムメンバ-に支えられ、設立から8年目を迎え、私は29歳になりました。 30歳を目前にして「なぜ会社が存在しているのか?」「なぜ人間が存在しているのか?」「なぜ自分が存在しているのか?」と考える機会がありました。 類まれなる高等生物として生まれ、豊かな感情と高度な知恵を持ち、高次元な経済生活を営むことができる我々人間は、地球のみならず宇宙全体の未来に責任を持って生きていくことが使命だと私は感じています。生物学的に見ても生物の生存意義は「種(未来)の保存・繁栄」であるとも考えられています。 そのような考えから『責任を持ち地球を次の世代へ繋いでいきたい』と強く思うようになりました。 私たちの生活はここ数十年で劇的に進化をしました。人類史を仮に2000年と定義したとしても、類を見ない変化が生じていると思います。それにより人々の生活が向上した一方、あまりにも進化しすぎた社会と生活で地球全体に歪みが生じました。まさにSDGsなどで挙げられている地球規模で考えるべき社会的な問題が、実際にあらゆるところで起きています。 このような社会状況下で、 当社は『BtoB領域の脳と心臓になる』というビジョンを掲げ、AIやデータといったテクノロジーを駆使して、地球・経済活動・サプライチェーンを最適な状態に戻す社会貢献をし、また高度な技術と知恵を後世に責任を持った形で最大限活用することで、これからの時代の最先端を行くサステイナブルな形でのデジタル戦略をお客様に提案し、ともに邁進してまいります。 株式会社アイディオット 代表取締役社長 井上智喜